白い糸が引く納豆。ネバネバして気持ち悪い。長年そう思っていました。
家族が美味しそうに食べるのを横目で「良くそんなの食べるよな」そんな気持ちで見ていました。

ところがです。納豆を調べる仕事が舞い込んで来ました。
納豆の歴史から製造過程、白い糸の成分、納豆の成分、効果
目からうろこでした。これは食べて見なきゃ、私はスーパーへ走り、一番好きな
青じそが入っているものを買って来ました。

混ぜずに1つ、うわ〜にがい。やっぱり無理だ。でも、混ぜれば混ぜる程うまみは増す。
そう書いてあったのを思い出してまず50回混ぜて見ました。400回も10000回も混ぜられませんもの。

で、半世紀食べられなかった納豆に初挑戦、
美味しいのです。びっくりするくらい美味だったのです。
なんでこんな美味しいもの食べられなかったのだろう。
「ごちそうさん」でめ以子が言ってた、人生損してますよ。
このセリフを折りしも朝聞いていたところでした。納得。

「お母さんが納豆食べてるなんて信じられへん」子どももびっくりしています。

この日を境に私の食事には納豆が付いてます。勿論、多忙で留守の夫も、下宿してる上の子も知りません。
私と二番目の子だけの秘密です。
思えば食わず嫌いって他にもあるかもしれません。
なまこ。ジュンサイ。どうしても食べられないのです。
でもこれくらいはいいかなと思います。

課題をくれた方に感謝です。