星組・宙組で続いて上演された『コパカバーナ』

2006年に宝塚歌劇団で上演されたミュージカル『コパカバーナ』。梅田芸術劇場メインホールで星組によって上演され、続いて博多座で宙組によって上演されました。宙組で上演された際は、トップスター貴城けいさんとトップ娘役紫城るいさんのお披露目公演でした。現代を生きるソングライターのスティーヴンが空想する世界が物語の舞台になっており、1947年のニューヨークが舞台です。スターを夢見るローラ・ラ・マールがナイトクラブ「コパカバーナ」に潜り込み、売れない作曲家トニーや支配人のサムに出会います。
スティーヴンとトニーを星組では湖月わたるさんが、宙組では貴城さんが演じました。ローラを星組では白羽ゆりさんが、宙組では紫城さんが演じました。
「コパカバーナ」でショーをみてローラの魅力に参りハバナの自らのナイトクラブ「トロピカーナ」へと連れていくギャングのリコ・カステッリを星組では安蘭けいさんが、宙組では大和悠河さんが演じました。
リコの女コンチータ・アルヴァレスを星組・宙組ともに専科より出演の遠野あすかさんが演じました。アコム バレずに